So-net無料ブログ作成

テラスハウス あと7日・・・「あの男」が真弥を乙女にする 

2012年10月~2014年9月まで放送された恋愛リアリティ番組

『テラスハウス』(フジテレビ系/全98話)が、

『テラスハウス クロージング・ドア』として映画化されます。

【スポンサードリンク】




テラスハウスは画期的な劇場型リアルドラマでしたね。

自分も演出だと分かっていながら、ついつい観てしまい、

そこで起こるリアルなハプニングを期待していました。



リアルなハプニングとは台本にない出演者たちの

感情に委ねられた行動です。

何でもそうですが、台本通りだと演技の上手さだけが強調されて、

リアル感の無さがときには物足りなさを感じることがあります。



このテラスハウスにはそういう期待感を裏切る場面が登場して

面白さを際立たせていたんですね。

そのテレビ版も終焉し、今度は映画へと。



番組のラストでは 2年間テラスハウスに住み続けた菅谷哲也(てっちゃん)が、

家を出ていこうとするところで終わるのですが、劇場版では

てっちゃんと新たな住人たち、そして卒業したメンバーたちの

真の“ラスト”へと続くその後の日々を映し出す内容になっているそうです。

劇場公開は2月14日。



海の見えるシェアハウスに暮らす男女6人の日々を記録したこの番組は、

スタート以来、総勢22人の若者が2年間の台本のない日々を駆け抜け、

23時台では異例の最高視聴率9.1%(2014年3月31日)を記録。



番組YouTube公式チャンネルのトータル再生回数は2億回を超えるなど

驚異的な人気を得ています。



また、関連商品のサントラCDは3作品合計で25万枚以上の売上となり、

大きな話題になりながらも2014年9月に番組は終了。

そんななか、番組の続きがスクリーンで上映されることが決定。



劇場版で描かれるのは、てっちゃんと新たな住人、

卒業したメンバーたちによる“ラストデイズ”。



予告編は、テラスハウスのドアを開け

「えっ」とリアクションするてっちゃんから始まります。



「オレ出るんですよ」という言葉に、

「でも、テラスハウスは終わらないみたいで」と

意味深な発言をする女の子。



一方、「テラスハウスに住んでんの今」という話を聞き

「マジ~」と驚く今井華や筧美和子。

キッチンで料理を作るてっちゃんの隣には、新たな住人が……。



そんな劇場版には、テラスハウス“オールスターズ”が再び登場。

今井洋介は「新入り2人が可愛くて」と波乱の予感。



また、島袋聖南からは「私、テラスハウスに行きたいんだ」という

衝撃的なコメントも飛び出します。



てっちゃんの“最後の恋”をはじめ、新たな住人たちのテラスハウスでの

ニューストーリーが映し出されていくそうです。



劇場版は往々にしてテレビ版のダイジェスト版となり、

内容次第では品位が左右される結果にもなり兼ねません。



今回のテラスハウス劇場版、期待が掛かるところです。



【スポンサードリンク】








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。